胃がんから解放されました!

企業は社員の健康管理を行う義務があります。そして、社員は健康診断を受ける義務があります。
しかし、健康診断の結果が要再検査であるのに、再検査に行かない、又はたいしたことでは無いと自分に言い聞かせて放置している人を時々見かけます。

なんとも残念でたまりません。
せっかく検査して悪いところが見つかったのならば、早期に治療するに超したことはありません。

先延ばしにしていても、いつかは治療を始めなければならない時が必ずやってきます。
そして、ほったらかしの代償は結構大きなものになるかも知れません。

早期に治療を始めて、重症化を防ぎ、ひいては医療費が大きくならないうちに対処することを強く勧めます。

そういう私も先延ばしが一件あります。今回、この健康上の問題を解決する決心をしました。

1.会社員は毎年、健康診断の受診が義務づけられています

若い世代は健康上の不安は無いと思いますが、中高年になると、色々なところに不安を感じます。

その中でも、胃腸に不安を感じる中高年は多いと思います。
健康診断の項目の中でも、メインイベントは胃部X線検査でしょう。しかもこれには、もれなくバリウムがついてきます。どちらかというと、やりたくない検査の部類に入ります。

昔のバリウムは飲む量が多く、更に不味かったので、私は本当に大嫌いでした。
さらに、発泡剤を口に含み、バリウムを一口飲まされた時、思わず蒸せて吹き出した経験がトラウマとなって、検査前はいつもプレッシャーで一杯でした(最近はバリウムの量が少なく、かつ美味しくなっていまが)。

検査の好きな人はいないと思います。何か病気が見つかると嫌だし、検査自体がストレスの場合もあります。でも、やっておくに超したことは無いのです。

2.ヘリコバクター・ピロリを除菌すると胃がんにならないというお話

2.1 ヘリコバクター・ピロリ菌(以後「ピロリ菌」)

私たちの年代は、大抵胃の粘膜にピロリ菌を飼っています。私も、40代の頃に抗体検査をしたところ、ピロリ菌がいると指摘されました。もう10何年も前のことになりますが、長らく放置していました。

今の時期になって、何故ピロリ菌を飼っている事が問題かというと、胃がんの原因だからです。

このまま放置して、胃がんのリスクを抱えたまま退職することだけは何としても避けたいと思いました。そして、退職前に心配事を片付けようと考えたわけです。

10何年も放置していた理由は、胃がんの患者さんの100%にピロリ菌がいます。しかしピロリ菌がいるからと言って必ず胃がんになることはないのです。つまりピロリ菌がいなければ胃がんは発症しないという事が、医学的な常識になっているからです。

2.2 ピロリ菌の検査

ピロリ菌の除菌の段取りとして、ピロリ菌が本当にいるかどうか調べる必要があります。

私は、お約束の内視鏡を突っ込まれ、胃壁から細胞を3カ所つままれました。
つままれた時にドスンと胃壁を打つ様な感覚が解ります。そしてつまんできたそれらの細胞たちを検査キットに乗っけて待つこと数分、ピロリ菌がいるかどうか判定します。

私の検査結果は微妙に陽性でしたが、過去に抗体検査で陽性だったことと、立派な萎縮性胃炎が認められたので除菌を行います。長年の放置の結果は、萎縮性胃炎が進行するというツケを払うことになりました。(;_;)

2.3 ピロリ菌の除菌と判定

1週間分の薬を処方され、お医者さんに指示された通りに、朝晩規則正しく服用します。
服薬は、1週間で終了です。
薬を飲み終えてから一月ほどして、ピロリ菌が居なくなったかどうかの除菌判定の検査を行います。

検判定の検査は、風船を膨らますだけです。初めに1回膨らませます。その後、薬を飲んでしばらく待ちます。そしてもう一回別の風船を膨らまします。その吹き込まれた呼気の成分を計ることでピロリ菌をやっつけたかどうか解るわけです。

後日先生から、「あなたは、胃がんから解放されました」と冗談めかしく言われたことを覚えています。無事にピロリ菌をやっつけることが出来ました(人によっては100%除菌に成功するとは限らないのだ)。

2.4 ピロリ菌の除菌を中高年に強くお勧めします

内視鏡をして、おくすりを貰ってもそんなに費用はかかりません。

薬代だけだと実費で3,000円ぐらいなので、3割負担で1,000円ほど。受診料や診断料、検査料の費用を支払っても大したことありません。この費用でガンを予防する事が出来るのであればとても価値があるります。

特に中高年はピロリ菌を飼っている可能性が高いので是非除菌してください。

2.5 後日談

除菌に成功して良かったです。

しかし、除菌出来たからと言っても、萎縮性胃炎はもう治らないのよねぇ。(・o・)

ピロリ菌の除菌と平行して、大腸内視鏡検査もやりました。こちらの検査は、そのうち投稿予定です。

2019/04/02にリライトしました