おなかを切らずに穴を開けるだけの腹腔鏡下の盲腸手術うけました

痔の手術から1ヶ月が経過した。

術後の経過は順調そのもの。

いよいよ盲腸の手術を受けることになった。

この手術が終われば入院生活は終わり、日常の生活に戻ることができる。(^^)

1.術者は、大腸内視鏡検査をしてくれた外科の医師

医師:「腹腔鏡をつかった手術をします」

ケシモチ:「はい」

医師:「切開するのと違って、お腹に内視鏡を通す穴を3つ開けるだけなので痛みが少なく、傷も殆ど残りません」

ケシモチ:「はい」

医師:「回復期間(入院日数)も開腹と比べて短いです」

ケシモチ:「心のなかでラッキイ」

医師:「全身麻酔にすることになります」

ケシモチ:「一度経験しているので心配はしていません」

痔の手術では腰椎麻酔だった。これがとにかく辛く、苦しかったので、全身麻酔だと聞いてホッとした

2.手術前日

午前中に入院

2回も入院していると、病棟のナースとは顔見知りになった。

といっても、みんなマスク越しなのでいまいち区別のつかないときもあるが。

今日は日曜日なので、診療も検査もなにもないので院内は静かだ。

なんの不安もなく熟睡。

実はケシモチは、50歳のときに全身麻酔の経験があるのだ。

「親知らず」を一度に3本抜く手術だったので全身麻酔だった。

はっきり言って、全身麻酔は気持ちが良かった。(^^)

3.手術

手術は午後

午前中に準備が始まる。

大事なところの毛を剃られると思っていたので覚悟していたがこれは無し。

代わりにヘソのお掃除だ。

オイルのついた綿棒でグリグリされる。

どうやら腹腔鏡の1本はヘソから入れるようだ。

あとはお約束の浣腸

今回は家族の立ち会いを求められていた。

腰椎麻酔の時は、家族の立ち会いはなかったので、

お腹の手術ということと、全身麻酔なのでそうなったのでは(may be)

ストレッチャーに乗せられ、手術室の前で妻と対面。

再会を約して手術室へはいる。

手術室に入ってからのことはほとんど記憶がない。

心電図のセンサーやら輸液やら繋がれ、麻酔薬は冷たいので注入されたことがわかる。

覚えているのはここまで。

ケシモチさんと声をかけられ目覚める。

妻と再会できました。

妻は切り取られた虫垂を見せられたらしい。

切り取った虫垂は精査の為、病理検査にだされた。

ガンがないかどうかを確認するためだ。

一応念の為ですと医師は言うが、ケシモチは、ガンは無いと確信しているので平気。

4.術後の経過は順調

手術した翌朝にはガスがでた。

食事も始まったので、あとは、便通があれば退院は見えてくる。

不都合を強いてあげれば、術中の挿管で気道が少し痛いぐらい。

予定通り、4泊5日で退院。

5.病理検査は白

肛門科で痔の手術後の通院。

順調に回復しているので今回で肛門科の通院は終了したが…

医師:「電子カルテを見ながら、病理検査の結果が出ています。何も異常ないですね」

ケシモチ:「え、これってフライング?」

2週間後の外科の再診時に結果を聞くことになっていた。

が、その前に結果がわかってしまった。

結果を早く知れたのはありがたいが外科の再診をどうするか。

パスするわけにも行かないので、結果を知りながらも外科の再診を受けた。

同じ説明を受け、順調に回復しているので、この日をもって外科の通院も終了した。

内視鏡を使った手術は、術後2ヶ月もすると、どこに穴を開けたかすらわからない。

とても楽な手術でした。

マンションのリフォーム

築30数年が経過した自宅マンションをリフォームしました。夫婦二人の終の棲家です。初めてのリフォームで知らないことばかりで勉強になりました。業者選びの善し悪しで希望するものができるかどうかの分かれ道かもしれません。ここでは、リフォーム業者選びから、リフォー工事の進捗、完成後の仕上がりまで紹介します。