お気に入りのカメラ #1

リタイアすると、時間を持て余すというか、何かやりたい気持ちが強くなります。家でゴロゴロしているより、何か没頭できるものが必要です。

私も、退職後しばらくすると、会社員時代に忙しくて忘れていた昔の趣味がよみがえってきました。それは、カメラです。
カメラが欲求では無くて、写真を撮る・撮る場所に行く(街ブラ、旅行、イベントなど)ということです。
でも心の中には「高性能のカメラ欲しい」という気持ちはあります。

実は7年ほど前にも欲求がありました。
その時購入したのが、FinePix X100というカメラ。APS-Cサイズの1230万画素。
当時とすればそこそこの性能でした。
でも、結局撮影に行く時間がなく、iPhoneで十分いい写真が撮れる事から、持ち歩かなくなりお蔵入りしてしまいました。(・д・)

でも、今回は違いますよ(おそらく)
その根拠は、リタイアしたので時間があるからです。撮影にもいく事ができるからです。
そこで、FinePix X100を引っ張りだしたけど、不具合があり買い換えを決意。

そうだ、
退職したのだから、奮発して高性能のカメラを買っても罰は当たらないだろう。(神様には怒られなくとも、妻に冷遇されるだろうが……)
それとも別の選択肢は何なのか?少し悩みました。

候補は、最近のミラーレスデジタルカメラで人気の高いSONY。
高級機は、レンズ併せて数十万もします。そしてデカくて、かつ重たい。
「数十万・デカい・重たい」果たして私は使い切れるか?

ノーです。

私の性分は、十分自覚しております。面倒くさがりです。
「小さい・軽い・すぐ撮れる」でないと使わなくなる可能性が高いのです。
そうなのです。私は、そこそこの性能のカメラが似合うのです。

最終的にたどり着いたのがRX100M6でした。
手のひらサイズ、手ぶれ補正、200m望遠、重量300g、2010万画素。

去年の11月に購入しました。
ギャラリーの写真はRX100M6で撮っています。