自宅DIYですが、玄関からリビングに通じる廊下のダウンライトの3路スイッチを交換

先日、洋間の蛍光灯スイッチを新品に交換したところですが・・・。

手技が面白かったので、次は廊下のスイッチを交換します。

ここのスイッチも30数年前のもので、茶色くすすけており妻の評価は最低です。

ここには奮発して神保電気NKシリーズの位置表示スイッチに交換します。

かなり高額なスイッチですが、offの時は緑色のLEDが美しく輝きます。(^^)

1.開封写真

予想通りの汚れです。

芯線はすこしはみ出しています。

スイッチのストリップゲージは10mmが表示されていますが、14〜15mmぐらい被覆が剥かれています。

なので、どんなに押し込んでも入るわけがありませんね。

雑なお仕事です。

見た目が悪いので、バッサリカットして剥き直しました。

2.回路図

基本通りの配線で安心しました。

3.完成写真

蛍スイッチなので、暗闇では緑色のLEDがほんのりと光ります。

リビング側の左のスイッチは、洗面所をダウンライトに交換した時に職人さんに交換してもらっていました。

【施工前の写真 ↓ 】

4.まとめ

施工前のスイッチはオレンジ色に光る蛍スイッチでしたがなんとも弱々しい光量でした。

玄関を入ってすぐに目につく場所なので、スイッチはそれなりの物をつけたいとは思っていました。

見ての通り、薄暗い廊下で緑色に輝く光景は高級感があり満足しています。

スイッチ一つ換えるだけでこれだけ変化するとは驚きですね。

妻が大喜びしたので良かったです。

FP活動中

ファイナンシャルプランナーとして、勉強会やセミナーなどに参加・講師を務めています。最近はコロナ禍の影響で活動が制限されていますが、その分、ブログでお金にまつわる話を公開しています。理論や原則違い、実践で即役に立つ情報の提供ができるよう心がけています。