老眼に、iPadは新聞を読むのに最適です

小さな文字を読み続けることが苦痛になってきました。

小説や雑誌は、見づらいことが多いです。
新聞も、活字が大きくなったとはいえまだまだです。

そこで、iPadの12.9inchで、日経電子版を購読しています。
新聞紙画面で読むことが出来ますし、記事一つずつをピックして読むことも出来ます。
なにより、ピンチ操作で、紙面を拡大することが出来るので、目のストレスはかなり減りました。

電子版に切り替えて本当に良かったことは、

興味のある記事をタップするだけで、保存(スクラップ)が出来るので安心。
キーワード指定で、キーワード関係の記事を赤枠で囲んでくれる(見落とすことが無くなる)。
新着記事をメールで送ってくれる。
過去記事の検索ができる。

おまけに、
古新聞は溜まらないので、部屋は片付き、妻に喜ばれる。
地方版の記事を読むことが出来る。
紙面が休刊日でも、電子版は休刊しない。
価格が紙媒体よりお安い。
所有している全てのタブレットやパソコンで読むことが出来る。

デメリット
大根を包むことが出来ない。弁当を包めない。焼き芋を包めない。
孫に兜を折ってやることが出来ない。
ということでしょうか。

私は、iPadのmini、12.9inch、iPhone、MacBookを使っています。

自宅では、12.9inch又はMacBook。外出中は、iPhone。miniは外出中にスクラップした記事を見たいときに使っています。やはり大きい画面が一番見やすいです。
また、電子書籍も増えてきているので活用の範囲はグッと広まっています。私は、Kindle読み放題を利用しています。