私にも、新型コロナウイルスのワクチン接種券が届きました

今日のお昼、ポスティングに埋もれるように届いていました。

封筒には、赤下地の白抜き文字で「重要なお知らせなので、中身を必ず確認せよ」と書かれている。

1.送付された書類

① 接種までの流れについての注意書き

② 接種時の注意点(副反応等の情報)

③ ワクチンに関する情報(いわゆる薬物情報)

④ 予診票(複写紙で、市町村提出用と、医療機関控え)が2枚(1回目と2回目用)

⑤ 接種確認用のシール の5種類の6点

令和3年度中に65歳になる高齢者が今回の対象。

まだ64歳ではあるが届いた。(来月の5月で65歳^^;) 嬉しいやら、嬉しくないやら複雑な心境だ。

2.接種までの流れについての注意書

2.1接種可能な時期の確認について

「自分の順番を確認して待て」と記載されているが、確認するための具体的な方法の記述はない。

2.2接種の事前予約について

予約受付サイトのバーコードとコールセンターの番号が記載されている。

バーコードでサイトを開いてみると、こんな感じ。

いずれにせよ、現時点では確認する方法の無いことを知った。

いつ受付サイトが稼働するのでしょうか?

早く接種して欲しい人は、コールセンターに電話するでしょうね。

今頃コールセンターにはたくさんの電話が集中していると思うとゾッとする。

2.3ワクチン接種

・接種費用は無料と記載。

・当日は本人確認書類をもってこいとある。

・健康保険証でOKなので、免許を持たない高齢者も安心だ。

3.接種時の注意点(副反応等の情報)

・接種当日の副反応として、アナフィラキシーと血管迷走神経反射のあること

・接種数日間の副反応として、注射されたところの痛み、疲労、頭痛他が50%以上

・筋肉痛や関節痛、下痢、注射されたところの腫れが10〜50%

・吐き気、嘔吐が1〜10% と記載

副反応の発現頻度がかなり高いことに驚いてしまった。

また、重症度の記載はない。

裏面には、「ワクチン接種で健康被害を受けたときの救済制度」の説明がありました。^^;

4.ワクチンに関する情報(薬物情報)

・ファイザー社製で、商品名は、コミナティ筋注

・有効成分は、トジナメラン

・適応症は、SARS-CoV-2による感染症の予防

・用法用量は、1回0.3mLを、2回(3週間の間隔)で、筋肉内に接種

・16歳以上であること

重篤な副反応として、アナフィラキシーがあるとさり気なく記載されている

5.予診票(複写紙で、市町村提出用と、医療機関控え)が2枚(1回目と2回目用)

・接種前の問診ですね。接種希望欄があり、署名しなければなりません。

6.接種確認用のシール

予診票の市町村提出用に貼付するシールです。

・「摂取できた時」と「出来ずに予診で終わった場合」の2種類で、1回目と2回目分の計4枚

接種したワクチンの「製造ロット番号シール」を貼り付ける欄があります。これも最後は提出されるのでしょう。

あとがき

送付された書類の内容はこんな感じでした。

新型コロナウイルスのワクチン接種券が届いたのは良いのですが、接種申し込み手続きがまだ始まっておらず、いつになるかは全くの不明です。

私的にはすぐに接種したい人ではないことと、私より接種が必要な高齢者が沢山おられるので、高齢者の最後でよいと思っています。(なにせまだ高齢者ではないのですから)

日頃、不要不急の外出をしないことで、自分を守りたいと思っています。

【追記】

この記事を書いた後、夜の8時に市のLINEから受付開始日時の連絡がありました。

連休明けの、5月6日の正午です。

しかし、LINEもネットも出来ない高齢者への周知はどうするのでしょうかね?

【追記2】

翌日、受付開始の書類を同せずに、大混乱させたことを謝罪する市長の記者会見がありました。