リフォーム会社の残り2社と相談して、妄想レベルから、現実レベルになってきた

余談だが、この2社と相談する前日まで、「管理業務主任者登録実務講習」(長ったらしい名称^^;)を受講していた。

マンション管理の実務経験のない者が、2日間かけて「実務に必要な法令」や「マンション管理業に必要な知識」について、15時間みっちり講義を受けるのだ。

そして、終了試験に合格してようやく「管理業務主任者の登録」ができる。

そういうわけで、チョットお疲れモードの中での相談会となった ^^;。

2番目に相談に乗っていただいたリフォーム会社

最初に相談したリフォーム会社と同様に、工事をお願いするマンションから徒歩圏内にある。

直ぐ側には、公園があり、緑に囲まれたきれいな社屋で好印象だ。

相談にのってくれたのは、執行役員で一級建築士。

会社ホームページの「社員さん紹介ページ」には、現場監督の親分とある。

私と同い年の方(学年は先方がひとつ上)であった。

挨拶の後、すぐに要件にはいる。

始めの会社で経験しているので、相手に何を伝えればよいのか分かっている。

見取り図を提供し、希望の間取りとイメージを伝えるのにそんなに時間はかからなかった。

私たちに余裕があったのか、初めに相談した会社と比べると、より具体的な希望とイメージを伝えることが出来た気がする。

その他いろいろと雑談しながら、どんな社風で何が得意なのかを、少しだが感じることができた^^;。

頂いたパンフレットには、戸建ての立派な写真しか載っていなかった。

少し不安になり、「マンションのフルリノベの経験」はどうですかと質問。

マンションのリフォームにも力を入れているので安心してくださいとのお返事を頂いた。

再度、「戸建てのような立派な内装は望んではいません。予算が優先です。」と念を押しておく。

現況調査には、設計担当と、現場監督と3人で伺います。

日取りは、後日連絡するということで相談は終了。

この後、ここの会社の社長の家を建てている最中なので、見学しないかと誘われた。

作りの仕上げなど、参考になるかと思い見せていただく。

大変ステキなお家でした。

3社目の会社

2社しか相談していないのに、すでに相談疲れしている。

朝から雨だし、何となく面倒くさくなっているが、前の2社よりは小規模の地元の工務店なので、また違った話が聞けるかも、という期待を持ちながら訪問する。

ここは、マンションから距離があるのでバスを使って行く。

リフォーム会社は、最寄りのバス停からすぐのところにあった。

対応してくれたのは、営業部長さん。

前2社は、設計士又一級建築士(現場監督)、インテリアコーディネーターで、具体的な作業に関わる人達であったが、今回は営業の人。

間取り図を提供し、希望とイメージを伝え、30分もかからずに終了した。

あまり技術的なお話はなく、こちらからの一方的な希望とイメージを伝えるだけになった。

少々物足りなかったというのが感想である。

現況調査の日取りは、後日連絡いただくということであっさり終了。

帰りのバスに揺られながら、3社との相談が完了したことから何か達成感みたいなものを感じた。

賃借人が退去してから2週間で、3社との相談が終了した

3社3様であったが、それぞれのお話の中で、マンションのリフォームとはどういうものかということが段々分かり始めた。

フルリノベするマンションのあと住むものはいないので、私達夫婦で使い切ることになる。

まあ30年ぐらい持てば良いかな(その頃で築62年になる。そこまでマンションが存在していればの話だが。)。

これから、現況調査、そして見積結果の検証をして、請負先を決めるわけだ。

いい仕事をしてくれる会社を選びたい。