リタイア後の生活費、積極的な資産運用でお金を稼ぐことが重要

既にリタイアして、今はほぼ年金生活者のような暮らしをしている。

そうすると、今後のお金は大丈夫だろうかという心配が湧き上がってくる。

年金以外に収入があればそれに越したことは無いが、コロナ禍で思うようにいかないのが現状だ。

そこで今更ながら、手持ちの資産を活かしてお金を稼ぐ事を真剣に考えだした。

といっても無理は出来ない。

生活に必要な額を手元に残し、残った資産を運用に回すことにする。

不労所得という聞き心地の良いお金を稼いでみたい。

そこで、

2022年は資産の運用益でゆとりのある生活を目指すことにした。^^;

これからは投資でお金をかせぐのだ

1.手持ちの資産運用で稼ぎたい目標金額はどれくらいが妥当か

去年から年金の支給が開始された。

年金額を確実に増やすなら繰下げが正解だ。

そこで、基礎年金は増額をねらって繰下げを行っている。

一方、厚生年金には加給年金というとてもありがたい給付がある。

これは、配偶者が65歳未満であれば年間約39万円ももらえるのだ。

我が家では、5歳半年下の配偶者が居るので、約220万円にもなる。

当然、厚生年金は繰下げするはずはなく受給を開始した。

基礎年金を繰り下げたので、この額が「補填できる金額」を運用の目標金額にする。

2.資産運用の方法

2.1 incomegainを増やす

確実に稼げる部分を確保するだけで気持ちに余裕が生まれる。

会社員時代から所有している株式は売買せずにincomegainのベースに充てる。

さらに、配当性向が高い株式を中心に購入しincomegainを厚くする。

配当の税金を節約する目的でNISA枠を目一杯活用する。

運用目標額の半分はincomegainで確保したい。

2.2 incomegainで足りない額をどうするか

これが一番難しい。

過去に少しの期間、デイトレみたいなことをしたが利益なんて微々たるものだった。

損はしなかったが、時間ばかり食い、ストレスは溜まるのに稼ぎは小さい。

いつの間にかやめてしまった過去がある。

今年は心機一転。

実戦経験を積み重ねながら、自分なりの投資方法でcapital gainを確保する。

2.3 海外株式の購入

まだ未経験な分野なので、年内には始める予定だ。

3.投資をする上での「自分ルール」を決めておく

3.1 購入する銘柄は馴染みのある業界や興味のあるものから選ぶ

自分が長年勤めていた業界なら、その時々の情勢を理解できる。

そうするとその業界や同業他社の動向を少しは推測できることになる。

また、興味のある株式は注意深く見ているものだ。

こうした銘柄は、経験を積むほどに株価がどう動くかなんとなく見えてくる。

当然外れることも多々あるが、それは自己責任なので諦めるしか無い ^^;

なので、全然知らない業種の株式はいくら将来性があると評判が良くても絶対に買わないつもり。

3.2 特別な能力がないアマチュアのアマチュアなので手は広げない

投資する銘柄は10銘柄以内しぼる。

もし増やしたければ一増一減にする。

そうして同じ銘柄を売買し続けることで稼げる確率が高くなると思う。

資金が限られているので売買は100株単位で行う。

3.3 損切りはしない

所詮アマチュアなのでいくら番張っても売買の判断には限界がある。

買うときは、その株が安くなったと確信したとき。

その後下落しても気にしないし、損切りもなし。

まだ65歳だから時間はある。

5年ぐらいの塩漬けは平気だ。

3.4 incomegainで安定収入を担保しておく

当然のことだが、配当がでるということは確実に収入があると言うこと。

株式を現金化する必要が無く、かつ安定した配当が続くなら一番賢い投資方法だと思う。

資金が潤沢にできれば、配当だけで暮らすことことも夢ではない。

それに、リスクを冒してまでcapital gainをねらう必要も無くなる。

しかし、配当だけで100万円の利益を得るには、配当性向が5%の株式でしても2000万円の資金が必要だ。

これはかなりハードルが高いのでもっと先の夢にしておこう。

incomegain狙いで購入した株式は、配当が続く限りその株価の動きは気にしない。

高騰すれば、売れば良いだけの話だ。

4.大した経験値では無いけれど

4.1 リーマンショックが始まる前の株高騰時代にチョットだけ始めた経験がある。

初めて間もなく、リーマンショックで持っていた株式は暴落した。

あまりの暴落で損切りより買い足しした。

その結果、10年経った頃には配当を加味すると年2.2%の運用益をあげていた。

暴落が起こることはある。

そして、動揺するのも当たり前。

でも、どこかで帳尻は合うはずである。

4.2 コロナ禍前の株式

コロナ禍で株価が下落するすこし前に中国関連株を買った。

そして、コロナが猛威を振るいだした途端下落した。

どんどん下がり続け、下落するたびに3回買い足しを続けた。

1年後、今度は急騰しだした。

株価が上がるたびに4回売りを行い、短期間でかなりの額を稼ぐ事が出来た。

セオリー通り、

安値で買い足し、高値になるまで辛抱強く待つことだ。

FP活動中

ファイナンシャルプランナーとして、勉強会やセミナーなどに参加・講師を務めています。最近はコロナ禍の影響で活動が制限されていますが、その分、ブログでお金にまつわる話を公開しています。理論や原則違い、実践で即役に立つ情報の提供ができるよう心がけています。