個人年金保険で老後の生活費の準備をしようと考えることは、今は昔の話です

「2000年問題を見聞きして、自分たちが将来受け取る年金額に不安があります。

そこで、老後の生活費を用意したいのだけれど、どんな方法(金融商品など)が良いですか」

と、問われることがあります。

30年以前は、老後の生活費を作るのに個人年金保険は最適でした。

なにせ、予定利率5.5%が主流で、返戻率が250%近くになる商品がたくさんありました。

これなら、掛金を支払っている30数年間にインフレがあったとしても、納得できる資産形成ができるでしょう。

それに、日本では長年デフレが続いたので資産価値はそんなに落ちてはいないはずです。

では、現在の同じ保険会社の商品と比較しました。

なんと、返戻率は106%まで下がっていました。^^;

さすがに保険大好き日本人だけれど、この状況ではとうてい納得出来る人はいないと思います。

1.現在の大手保険会社の返戻率

確定年金として受け取れる商品では、102〜110%の返戻率に収まっていました。

118〜140%の返戻率をうたう商品がありましたが「外貨建て」でした。

なので、必ずしも保障されているわけではありません。

まあ、インフレがこの先無いと仮定しても魅力は感じないですね

2.インフレ率

政府も2%のインフレ率を目指しているのでインフレの影響を考えてみます。

仮に、今後35年間のインフレ率が1%と仮定すると、

35年後の物価は今の1.42倍です。

0.5%としても、1.19倍。

0.1%でも、1.035倍になります。

どう考えても、現在の個人年金保険では老後の生活費を作ることは無理としか言い様がありません。

この様な現状を考えると、今の若い人達の間で投資が流行るのも納得がいきます。

3.保険会社に手数料を支払うより、自己の責任で資産を作る

毎月積立投資を35年続けたほうが、個人年金保険より稼ぐ事が出来るでしょう。

例えば、iDeCoで毎月1万円、35年間で2%の運用益を稼いだとする。

掛金の総額は420万円、運用益は187.5万円になります。このときの返戻率は、145%。

さらに掛金は全額所得控除(個人年金保険も控除対象)が受けられ、運用益は非課税、引き出し時には退職所得控除か公的年金控除の対象となるので、節税になります。

もうだれもインフレで元金割れリスクのある個人年金保険に入りたいとは思わないでしょう。

私たちは、自分の「老後の生活資金」を、自分の力で稼ぐ時代に生きています。

FP活動中

ファイナンシャルプランナーとして、勉強会やセミナーなどに参加・講師を務めています。最近はコロナ禍の影響で活動が制限されていますが、その分、ブログでお金にまつわる話を公開しています。理論や原則違い、実践で即役に立つ情報の提供ができるよう心がけています。