リフォームから半年が経過したところ、不都合ほどではない不都合のいろいろ

去年の秋に完成したリフォームから早半年が経過しました

入居後のDIYや入居当時では気づかなかった異常やトラブルについて紹介します

1.お風呂で異音がする

入居後しばらくして、お風呂で寛いでいると、何やら雨の降り注ぐような音がする

換気扇のスイッチを切ると鳴り止む

異音について請け負ってくれた工務店に連絡するとすぐに対応してくれた

原因は換気扇とダクトの接合部分のテーピングが甘く、テープが剥がれて振動したとのこと

電気屋さんがやってきてしっかりとテーピングし直すことで問題は解決しました(^^;)

2.トイレの扉の明かり窓が変だった

どこのご家庭でもこうなのかはわかりませんが、我が家のトイレの扉には小さな丸い穴が開いています

外から見て、トイレの中の照明がついているかどうかを確認するための穴です

ところが、吊り扉にしているので、開けられた穴の位置が引き戸を前提とした位置だったらしい

ゆえに廊下から明かりがついているかどうか確認できるものではありませんでした

特に騒ぐほどのものでは無いけれど、残念な気分ではあります

定期点検日に担当者が来たので言ってみました

返事は、何とかしましす

しばらくして、新しい扉に交換するとの連絡があった

もちろん、穴の位置はちゃんと確認できる位置に開けてあった

3.新設スイッチの配線は雑だった

職人さんは忙しいのか、それとも見えないところの工事なのでどうでも良いのか

スイッチやコンセントの工事に雑な処理が目についた

というのも、第二種電気工事士の免状をとり新設されたスイッチを表示灯のあるものに交換したところ判明した

いざ交換しようとしたところ、数カ所に接続部分の芯線がはみ出ている

本当は、芯線が見えないように結線します

欠陥と言えるほどのものではないが、明らかに差し込み不足か、被覆の剥きすぎだ

見た目(壁の中に収まっているので普通は見ることは無いのだが・・・)がきれいではないので全てやり直してやった(^^;)

見えないところも美しくありたい

4.浄水器からカビがポトリ

我が家は、上水栓とは別に、浄水器を取り付けた

土地柄、地下水が豊富で水道水はおいしい

しかし、30年を超えたマンションの上水管は傷んでいるであろうという考えがあったのでつけた

それに、フィルターの交換は1年置きでよかったのも理由の一つ

3ヶ月ぐら毎日使っていたが、ある日浄水器の吐水口から黒い塊が出てきて驚いた(?_?)

ふわふわしている

どうやらカビがマリモ状態になっているようだ

見たことが無い説明書を読むと、毎朝の使い始めの水はすぐには使わず、しばらく流してから使えと書いてある

特に、カビが発生するとは書いてはいないがそういうことだろう

確かに、カルキや塩素が抜けているので当然防腐効果はない

カビが発生しても当然だ

逆に浄水効果に感心してしまった

カビ対策としては、時々綿棒で吐水口をグリグリ清拭している

5.上水の吐水口が詰まってくる

小さなカルキの結晶が吐水口の穴にこびりついている

そのため、吐水口から放出されるの水流にムラができている

まっすぐな均一ではなく、乱れが見られる

百均のそれ用のブラシでゴシゴシ(頑固でなかなか取れない)すれば元の通りになり解決

6.フローリングが鳴き出した

入居当初からフローリングはどうしても音が鳴ることがあるとの説明は聞いていた

ただし、その音が鳴る範囲は入居時と比べて広がってきた

フローリングは下地と貼り付けるものなのでそういうものだとは理解しているつもり

まあ、多額の工事費を支払えば鳴かないフローリングも可能だと思うが、私の価値観ではそこまでは必要ないと思っている

私見だけれど、夏もちかくなり室温も上昇してきているので接着剤が緩んできたのかもしれない

でも、鳴き音は気にしないので不都合とは言えない不都合かも知れない

7.同じくして、トイレの便座も泣き出した(;_;)

フローリングが鳴き出したなあと感じていたところ、便座も突然泣き出した

これも気温が上昇してきたのが一因かと勝手に想像している

特にクレームを入れるようなものではないが、ネット上でも結構話題になっているので同じような人が多いらしい

座るとギシギシと泣くので便座が割れやしないかと不安を感じる

便座を持ち上げるとその裏には、便器と便座の接点が4箇所ある構造になっている

そのうち、2箇所は人が座っていないときは便器との間に若干の隙間がある

人が座ることで接していない2箇所が沈み込んで、4箇所がしっかりと便器に接地することで支えられているらしい

どうしたものかと思ったが

試しに座らずに両手で便座を押してみると、便座の取り付けヒンジ部分が押されて歪むのがわかる

便座が何らかの理由で不安定となり、取り付け部分のヒンジが歪み、そこから泣きが生じているのではと推測する

あるいは便座の構造自体に問題があるかもしれない

昔の便座はヒーターが入っているわけもなく、密度があったのでそれなりに頑丈だっただろう

しかし今時の便座はハイテクかつ軽量化されているため、たわみやすいかもしれない

このように推測して、浮いている2箇所に百均のシリコンパッド(靴づれ防止用)を貼り付けた途端、泣かなくなった

こんなことで泣きが止まるとはチョット驚き

まあ泣かなくなったのでこれ以上原因は追求はしない

どれもこれも不都合とはいえない不都合ではあるが、生活上全く支障はないので工務店にも、メーカーにも知らせてはいない

8.DIY

玄関扉の鍵を交換

リフォームするまで、賃貸に出していたので鍵は要交換だ

ギザギザにカットされたよくある鍵では無く、ディンプル(穴)が沢山ついたちょっと高級な鍵に変更

ディンプルタイプの鍵は、鍵穴にキーが吸い付くように入っていき、ひねるとニュルリとした感触で気持ちよく廻りカチャリと開閉する

とても小気味よい

鍵屋さんに頼むと出張・工賃・部品代で数万円必要だ

ということで、DIY

鍵はAmazonで購入

5千円ぐらいだった

YouTuberに交換する方法が沢山紹介されていたので楽勝だった

半年が経過したが、その間に気がついた不都合ではない不都合というものは割と多いように感じる

これからも、一つずつ解決しながら住みよいお家に仕上げていきます

FP活動中

ファイナンシャルプランナーとして、勉強会やセミナーなどに参加・講師を務めています。最近はコロナ禍の影響で活動が制限されていますが、その分、ブログでお金にまつわる話を公開しています。理論や原則違い、実践で即役に立つ情報の提供ができるよう心がけています。