一抹の不安を抱えながら、メーカー紹介のリフォーム会社を訪問した結果

何事も初対面の人や、初めての場所に行くのは緊張する。

ましてや、リフォームに関しては全くの素人である。

どんな話になるのか、そして、高額な請負契約に繋がることを考えると不安が先行する。

1番目に相談したリフォーム会社

リフォームしたいマンションから徒歩で約10分のところに、この会社はある。

社屋は、倉庫を改造した建物で天井が高く、広いショールームを併設している。

ざっと見た感じではあるが、キッチンを中心にLIXILの製品が多い。

さすが、LIXILが推薦しただけのことがあると納得。

予約の時間丁度に着いた

消毒と検温をして受付が済むと、白手袋を渡された(面談中はずっとしていた)

応対してくれたのはお二人。

設計担当のCさん(男性)と、インテリア担当のSさん(女性)。

頂いた名刺には、Cさんは二級建築士、既存住宅現況検査員他いくつかの資格をお持ち。

Sさんは、インテリアコーディネーター、リフォームスタイリスト、宅地建物取引士、FP技能士。

リフォームで、宅地建物取引士とFP技能士が必要かどうかは疑問だが勉強熱心なのは伝わる^^;

事前にLIXILから連絡があったので、2人とも要件はわかっている。

すぐに打ち合わせ。

リフォーム対象の物件情報もすでに伝わっており、Cさんはすでに見取り図を用意していた

築30年以上経つマンションであるが、新築時のマンションの見取り図をデータベース化して、販売している企業があるのだ。

故に、お客がマンションの見取り図を失っていても、リフォーム会社はそこから入手(購入)することで、仕事ができるというわけである。(情報はお金になるということなのだと感心する)

アクリル版を境にして、こちらの希望やイメージを伝えていく

希望やイメージをCさんが、見取り図に書き込んでいく。

Sさんは、所々でCさんに助言する。

Cさんの方が先輩らしい。上下関係がみえる ^^;

しばらくすると、緊張が取れたのか、妻も饒舌になり、

希望する間取りやインテリアイメージ、フローリングの色などを語りだす。

小一時間ほど経っただろうか、一通り意見が出尽くしたところで、Cさんが自己紹介を始めた。

自己紹介

Cさんは、〇〇県出身で、家族構成は〇〇○。趣味は何々で…。

私にとって重要な情報ではないが、すこしはお友達になったような気がする。

なにげに、「私に設計を任せていただければ安心です的な秋波」を送ってくるのだ^^;。

会社の宣伝

親会社は新築主体であり、そのリフォーム部門として、8年前にこの会社を立ち上げた。

親会社は、歴史があり、経験が豊富。全社が連携することで幅広いサービスが出来るらしい。

「お客様第一」が社是で、トラブルには24時間対応窓口がある。

また施主さんには、定期的な訪問、点検を行っており、信頼も厚いらしい。

さらに、アフターサービスが良い。(でも、アフターサービスの期間は他社と変わらないらしい)

そして、「この様な、お客様第一の体制を組んでいるので、他の工務店さんよりは、見積額が高くなる傾向にあります」と軽くジャブを打ってくる。

ハイハイ

確かに素晴らしい会社かもしれない。

しかし、マンションのリフォームは、戸建てと違って、屋根や外壁が対象ではない。

区分所有者の専有部分は、風雨にさらされることはないのだ。

つまり、リフォーム後に、来てもらわなければならないような、何かは起こらないのだ。

それに、キッチンや風呂、トイレなどの水回り製品は、メーカー保証がついているわけだし。

戸建てのリフォームならば、施主さんに顔を出し、定期的に雨漏りなどないか点検しておけば喜ぶかも知れないが、私は用事のある時に来てくれるほうが良いのである。

「高くなる傾向にある」の一言で、この会社は少し不利な状況になった^^;

あくまで発注者にとって「合理的で適正な価格」が優先である。

フルリノベーションの平均的な価格を聞いてみたところ

Sさんに、70平米のマンションのフルリノベーションの平均的な費用を聞いてみた。

すると、1平米あたり、16万円ぐらい。坪単価は、52.8万円ぐらい。

そうすると1,056万円になる。

Sさんは、1,200万円ぐらいと言うが。

Sさんへの聞き方も悪かったが、仕様や工事内容によって価格に同じものはないわけで、まあ一つの目安としておこう。

現況調査

最後に、現況確認の日程を決める。

1週間後の朝9時から、1時間ほどかけて行うことに決まった。

CさんとSさんの2人で来るとのこと。

帰り際、Cさんが、Sさんのいないところで、価格についてフォローするかのように、こそっと言った。

「LIXILで揃えられると、かなり頑張れます」。

どんな見積額が出てくるか楽しみだ。^^;

現況調査の結果

私が「管理業務主任者実務研修」で、不在だったので妻が立会をした。

小一時間ほどで終わったとのこと。

床や天井の状態を調べた結果、古い設計なので「今風のマンション」のようにするには、制約がありそうだと言われたらしい。

すでに計画の変更を迫られてきた^^;

まだ2社と面談が残っている

現況調査の翌日から、2日連続で2社との面談を予定している。

会社が違えば違った意見がでてくるだろう。今からどんな話になるのか楽しみだ。