60歳は自分の居場所を痛感する

ここ数日、同期や後輩の「早期退職します」の連絡が来ます。

勤めていた会社の定年が65歳に改定されてからすでに8年ぐらい経つでしょうか。

65歳という定年が必ずしも社員にとって、ありがたいことでは無いのです。

と言うのも、

65歳を待たずに「60歳で早期退職します」という連絡をもらうと、

「あぁ、60歳を超えた社員には社内に居所が無いのだ」という現実を改めて痛感させられるからです。

企業内では、すでに若い人社員に仕事のやりがい、給与、モチベーションが高まるような施策が着々と進んでいるのです。

もう、むなしさだけが漂ようのみです。

私も、早期退職するきっかけは、やりがいと給与面だったことを思い出しました。

勤めていた会社は決して経営は悪くありません。

それどころか経営は順調で、株価も1万円近いです。

つまり、最近よく言われる、黒字リストラというやつです。

政府は、60歳になっても、もっと働いて70歳まで頑張ってもらいたいと言いますが、現実は、高齢者の企業内での位置づけは決して良くは無いと言うことです。

でも、連絡をくれた連中は、前向きなタイプなので心配はしていません(^o^)