本日のウオーキングデーは、うどんを食べて、美味しい珈琲のサービスのあるお散歩コース

我が家は、毎週火曜日を「ウオーキングデー」と称して健康増進を目的に歩くことと決めました。(・o・)
決まったからには、継続こそが大切です。

本日は、会社員時代によく昼食を食べていた、大阪狭山市の讃岐うどんのお店に伺うことにしました。
お散歩コースは、南海金剛駅から西に向かって徒歩で約1km。
晴天ではありましたが、冷たい風が、時折吹いてくるので寒かったです。でも春の気配は十分感じられました。

この辺りでは人気のうどんや店で、お昼も夜も行列ができます。
営業時間は、11時から15時、18時から21時です。

待つのが嫌なので11時半頃には着いているようにしています。
大体、12時を過ぎたあたりから満席になります。

大阪狭山市のうどんやさん

食べるのは、会社員時代からの定番である「とり天うどんの麺小盛り」です。
とり天(3つ)が結構大きいので、うどんの量を減らさないと食べきれません。
そしてとり天は、熱々なので、焦って食べようとすると口の中をやけどします(よくやります)。

麺は少し太めで、かみ切るときのなんとも言えない食感がたまらなく好きです。
出汁はかなりこだわっているようで、風味も味の濃さも他では味わえないほどうまいです。
なので、いつも全部飲み干してしまいます。

食後は、店から少し西へ、と言っても100mぐらいの所にある珈琲豆専門店に行きます。

目の前で焙煎してくれる珈琲豆店

こちらも有名で、ネット通販もしていますが、私は直接行って焙煎を待ちながら「本日のお勧め珈琲」を頂くのが好きです。
ある人から聞いてこちらに来るようになりましたが、ここでは豆が焙煎し終わるまでの間(結構時間がかかります)に、お店が珈琲をごちそうしてくれるのです。

私たちの好みは、酸味がゼロで苦みの強い豆です。いつも同じ物を買っていて、他の豆に浮気をすることはほとんどありません。
なのですが、「本日のお勧め珈琲」は少し酸味が有りましたが、上品な酸味(ほんのり程度)であったことと、甘みが強かったので、美味しく頂くことが出来ました。(^o^)

昼食にうどんを食べ、さらに食後には珈琲を堪能できる、お散歩コースです。

珈琲豆はいつも、500g購入します。賞味期限が45日なので、ちょうど飲みきれる量になります。
なので、このコースは、約2ヶ月に1回のペースで来なければなりません。

うどんと珈琲で、体も心も温まったので少々の風に吹かれても心地よく、復路につくことができました。

 歩いた距離 
本日は4.8km(iPhone値)を歩きました。いつもより少なかったのが残念です。