相続

税制改革によって、相続税の控除額が大幅に減額され、都市部の不動産を相続する場合に、相続税を支払わなければならない家庭が大幅に増加しています。また、相続税がかからない場合でも、不動産だけが相続財産の場合、遺産分割協議が整わないことが増えています。