年末にパソコンがクラッシュし、M1MacBookAirを買うことに

3週連続の日曜日に、資格試験を3つ受け、それが終わり一息つくことができた。

久々に本業の仕事を進めようと、パソコンのスイッチを入れた途端、

突然、本当に突然に、

パソコンが逝ってしまった。(-_-)

早急に復旧させないと作業が滞るので、その日の内にAppleサポートに予約し診断を仰いだ

パソコンの故障は今回だけではなかった

半年前にも、キーボードの動作不良(Apple公認の初期不良)で無料交換していただいたばかりなのだが、

今回は、チョット違う。

起動しても画面は真っ黒、何も映らない。

プロはこんな状態を見てすぐに原因に気付くようです。

眼底検査でもするかのように、LEDライトで液晶の真ん中を照らしながら、

プロ:「ケシモチさん、薄っすらと林檎マークがみえるでしょう?」

ケシモチ:「はい?」

プロ:「これは、液晶のバックライトが点かないのです。修理は液晶全部の交換になります。費用は、8万円を超えます^^;」

ケシモチ:「…」

ケシモチ:「このパソコンの中古価格は確か、8万円を下回るくらいですよね?」

プロ:「今までにない新型のM1MacBookが発売になったところなので、現在下取り価格は降下中です」

ケシモチ:「液晶が駄目なことはわかりましたが、映像は出力されていますか?」

プロ:「調べてみます。…

出力は正常でした。外部モニターを繋げば使うことができます。」

ケシモチ:「液晶画面の交換修理費用が中古価格を上回るので、修理はやめてクラムシェルモード(外部モニターにつないで操作すること)で使い続けます(-_-)」

結局修理はあきらめ、凹みながら帰宅

とりあえず、クラムシェルモードで使用継続することにするが、外部モニターは実家にある。

結局、問題解決にはなっていない

早急に新しいパソコンが必要なのだが、購入費用を来年度の経費で処理したいので、元旦に発注することにした。

少し気になっていた、「先月新発売になった、全く新しいCPUを搭載するM1 MacBook Air」を購入することに。

あいにく品切れ中で、届いたのは7日。

これでようやく仕事が始められるはずなのですが… _φ(・_・

そうでもないことが正月にやってきました…

この顛末は、またの機会に紹介する予定です^^;

参考

:故障したのは2017年製のMacBook Pro15で、購入価格は27万円ぐらいした ^^;

まだ3年しか働いていないのに … ね

購入した「M1 MacBook Air」は、14万円ぐらいとほぼ半値です。